ポイントと注意点

医者ホームホワイトニングにもデメリットはあります。これは、ホームホワイトニングのみを行ったときのことですが、やはり効果が出るまで時間がかかること、即効性は期待できないことです。オフィスホワイトニングは行ったその日にすぐ効果を感じられる人がほとんどです。しかし、ホームホワイトニングでは効果が感じられるまで最短でも二週間はかかるといわれています。

また、手間がかかるのも事実です。オフィスホワイトニングは病院で歯科医師が行ってくれるため自分は寝ているだけで作業が進みます。それに対してホームホワイトニングは自分で薬剤を塗布してマウスピースを装着、最後のケアまで行うため面倒と感じる人もいるのです

そして、ホームホワイトニングではいくつかの注意点があり、この点も面倒だと感じている人がいます。マウスピースを外したら30分から1時間は飲食しないようにと決められていますし、着色しやすい喫煙やコーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーといったものは控えるようにと言われています。また、ホームホワイトニングをするにあたっては医師から指導され回数や所要時間の指示がありこれを守らなければ効果が出なかったり知覚過敏を引き起こしたりするのです。こういった注意点を守らなければならないことも面倒に感じるという人もいます。


メリット

女医さんホームホワイトニングをすることのメリットと言えばホワイトニングの効果が持続することですオフィスホワイトニングは効果が短い人で3か月、長い人でも半年から1年と言われています。それに対してホームホワイトニングは1年から2年ほど効果が維持するといわれており、併用することでかなり長い期間歯の白さが維持できるのです。

また、自宅で行うので病院に通う手間も省けますし毎日の生活の中でルーティン化しやすくもあります。もしも効果が感じられて充分白くなったと思えたら一時的に終了することもできますし、さらに白くしたいと思えば続けることもでき、自分のペースや希望する状態まで続けられるというところもメリットと言えます。

費用についても最初のマウスピース作成には費用が掛かりますが、オフィスホワイトニングのみ行うよりも効果が維持できるためリーズナブルに行うことができます。ホワイトニングが落ち着いてきてホームホワイトニングのみでよくなれば、通院の頻度も抑えられますし、かかる費用も診察とホワイトニング剤の購入費用だけで済むのでかなり費用は軽減できます。このように自宅で行うことが増えるため面倒に思われがちですが、効果の持続と費用の面でとてもメリットが高いといえます。それでは、最後にポイントと注意点について紹介します。

参考HP – ホワイトニング施術(SBC大阪心斎橋院)


ホームホワイトニング

家ホームホワイトニングというのは歯科医院で作成したマウスピースなどにホワイトニングの薬剤を入れて自宅で決められた時間装着をして行っていきます。日本ではまだまだマウスピースを着用してホワイトニングをするということは一般的ではありません。しかし、ホワイトニングの開発国であるアメリカはほぼすべての歯科医院でホームホワイトニングが推奨されており、実際に多くの人が自宅で行っています。

日本ではホワイトニングと言えばオフィスホワイトニングが当たり前であり自宅でもホワイトニングをするという発想は持たれていません。もちろんホームホワイトニングのみで完璧に歯が真っ白になるということは難しいことであり、使える薬剤の種類や機械も豊富なオフィスホワイトニングのほうが効果は高いことが多いです。

しかし、オフィスホワイトニングで白くなった歯を維持するためには自宅でのケアも必要であり、そういった面からもホームホワイトニングは必要なものです。最近ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことが最も望ましいと歯科医も推奨しています。そのため、ホワイトニングをする際には病院と自宅と両方で行うことを想定しておきましょう。


ホワイトニングとは

ホワイトニングというのは、歯磨きやクリーニングをしても落としきれない歯の着色汚れをきれいにしていく方法のことです。その方法は様々で歯を削ったり歯の中にある色素を分解したりして歯の明度を白く上げていきます。

女の子

もともとホワイトニングというのは1989年にアメリカで始まった技術であり、アメリカではほとんどの歯科でホワイトニングを取り入れているほどメジャーなものとなっています。日本でも審美歯科が誕生したり美容への意識が高まっていたりするため利用者が増えている項目です。

一昔前まではホワイトニングというと歯の表面を削ったり人工の歯をかぶせたり歯の表面に薄い板状の膜をかぶせたりといった歯に加工をする方法がとられてきました。しかし、こういった方法はあまり行われていません。もっと安全に歯を白くする方法をとろうという方向に進んでいます。

やはり歯が黄色いと不衛生な印象を与えるものです。そのため多くの人が歯が汚れないようにということで毎日しっかりと歯磨きをしています。しかしそれだけでは落としきれない汚れはあるものです。そこで、ホワイトニングのようにプロの力を借りて歯の白い状態を維持できるよう心掛ける人が増えています。

最近では歯科医で行うホワイトニング以外にも自宅でも行えるホームホワイトニングも行っている人が増えています。可能であれば歯のきれいな状態を長く維持できるようにということで歯科医と自宅でと両方でホワイトニングを行うという人も多いです。